ニュースNews

2020年09月15日 新製品情報

MESA/Boogie ベースアンプ新製品Subway TT-800入荷!

MESA/Boogie ベースアンプ新製品Subway TT-800入荷!


MESA/Boogieのもっとも伝説的なベースアンプBASS 400+のサウンドを再現したSubway TT-800の国内販売を開始しました。

 

Subway TT-800 Bass Head

 

 

BASS 400+は、ポール・マッカートニーやマーク・キング、スタンリー・クラーク、ジャック・ブレイズ、マイケル・アンソニー、ブーツィー・コリンズといったトップベーシストらが20年以上にわたって愛用し、中古市場でいまだ高額で取引されています。

Subway TT-800は、このBASS 400+の伝説的なチューブキャラクターを再現したBOOGIEチャンネルプリアンプと、モダンなトーンのSubwayチャンネルプリアンプで構成される、幅広いサウンドと柔軟性をもった2チャンネルプリアンプをハイパワーで軽量なClass Dパワーアンプと組み合わせた新しいモデルです。

BOOGIEチャンネルは、BASS 400+の立体感とライブ感のあるチューブの暖かみのあるサウンドながら、HIPASSやMID周波数のセミパラメトリックコントロールといった当時の実機にはなかった機能も搭載していることでサウンドの多様性が大幅に向上しています。
SUBWAYチャンネルは、現代のベーシストが望むタイトなトラッキング、ニュートラルなキャラクターにおける素早いレスポンスと重厚さを備え、かつチューブ・プリアンプを採用しています。

 

<Specifications>
・世界でも最も優れた部品を使用しカリフォルニア・ペタルマにて製造
・Class D 出力: 800W@4or2Ω/400W@8Ω + 2 Channels, Class A Vacuum Tube Preamps w/ 3x Mesa 12AT7

Front Panel Controls
・PLAY/MUTE スイッチ 
・HIGH/LOW GAIN スイッチ 
・DEEP スイッチ 
・BRIGHT スイッチ 
・Global O/D Symmetryコントロール(symmetrical to asymmetrical) 
・PROTECTION & LIMIT LED インジケーター
・プリアンプ:
<Boogie Channel> Input Gain、Variable High-Pass Filter(25Hz‒125Hz)、Passive 3-Band EQ(Bass、Mid w/variable Mid-Shiftコントロール、Treble)、Master Volume
<Subway Channel> Input Gain、Variable High-Pass Filter(25Hz‒125Hz)、フルアクティブ3-Band EQ(+/-12dB)=Bass、Treble、Mid w/variable Mid Frequencyコントロール(150Hz-2kHz)、Master Volume

Connections
・Pre-EQ/Post Masterごとに独立したバランス XLR (DI)アウト、LINE/MIC スイッチ、GROUND LIFT スイッチ 
・チャンネルごとに独立したバッファード・シリーズ(直列) FX LOOP(エフェクト・ループ) 
・TUNER アウト 
・MUTE/チャンネル切替 フットスイッチジャック(フットスイッチ別売) 
・ヘッドホンアウト 
・AUX インプット 
・2xスピコンスピーカー・アウトプットジャック
・インピーダンスセレクター(2/4/8Ω)
・USBデバイス用パワー端子

Accessories
・ギグバッグ(w/ストラップ)
・ラックマウントキット(別売オプション/税抜定価¥14,000)

Weight & Dimensions
・サイズ(W x D x H):304.8 x 288.9 x 101.6mm
・重量:約3.2kg

・Price:\172,000(税抜)

 

 

製品ページ:

https://mesaboogie.jp/subway-tt800.html

 

 

 

 

お問い合わせContact Us

製品の詳細につきましては日本公式サイトをご覧ください。
https://mesaboogie.jp/
サイト(本国)
https://www.mesaboogie.com/
この記事に関するお問い合わせ
お問い合わせフォーム
←前のページへ戻る