ニュースNews

2020年10月28日 新製品情報

BOSEがさらなる可搬性とパワーを備えた新シリーズ L1 Pro ポータブルラインアレイを発表!

BOSEがさらなる可搬性とパワーを備えた新シリーズ L1 Pro ポータブルラインアレイを発表!


5種類の新たなボーズのポータブル PA製品が、驚異的な明瞭さと低音、ミキサーのワイヤレスコントロール、省スペースのレーストラック型デザインなど、最先端の機能を提供

Bose Professional は、Bose L1 Pro ポータブルラインアレイシステムを発表しました。これは、17年前にボーズが L1 のオリジナルモデルをリリースしたことで作られたポータブルラインアレイという PA カテゴリーを1つ上のレベルに引き上げる製品です。L1 Pro システムにより、シンガーソングライター、DJ、バンドが自身で簡単に持ち運べるポータブルオーディオシステムは新たな時代に入りました。

L1 Pro8、L1 Pro16、L1 Pro32 の3つの新しいシステムと2つの選べるサブウーファーが、180°の広い水平カバレージに加えて、比類のない明瞭性と音質を提供します。L1 Pro8、L1 Pro16、および Bose Sub1/Sub2 モジュラーサブウーファーに内蔵された独自のレーストラック型ウーファーデザインが、コンパクトでありながら豊かな低音を実現。移動、持ち運び、ステージでの設置が格段に容易になります。内蔵のマルチチャンネルミキサーがEQ、リバーブ、およびファンタム電源を提供し、Bluetooth®ストリーミング機能と ToneMatch カスタム EQ プリセットの豊富なライブラリへのアクセスにより、レコーディングスタジオなみの音質でのパフォーマンスを可能にします。

3つの新しいポータブル PA システムは、アーティストに選択肢を提供し、さまざまなスタイルやオーディエンスに適合するとともに、今日の世界中の会場やオンラインプラットフォームでライブミュージックやサウンド体験を創出するクリエイターに、創造力をもたらすソリューションを提供します。小規模な会場に最適で、ウルトラコンパクトな L1 Pro8、小~中規模の空間で優れた性能を発揮する、ポータビリティと迫力を両立した L1 Pro16、そして大規模な会場でシリーズ最高のパフォーマンスを誇る、比類ないポータブルシステム、L1 Pro32。各システムは収納、運搬、セットアップが容易なモジュラーデザインを採用し、サイズを超えた驚きの音響性能を実現しています。

Bose L1 Pro ポータブルシステムは、L1 Mix アプリに対応しています。このアプリでは、直観的ですぐに使える操作性に加えて、手元からワイヤレスでコントロールできるため、その場で細かく調整することができます。パフォーマーがステージからスマートフォンやタブレットでミキサー設定を調整したり、会場を歩き回りながらミックスを確認し、その場で微調整したりできます。また、アプリを使って音量やトーンの設定を変更することもできます。LED エンコーダーが連動し、ミキサーとアプリが常に同期します。

 

最もポータブルな L1 Pro システム:L1 PRO 8

L1 PRO 8

 

L1 Pro8 は、重量わずか17.7 kgで、驚くほどポータブルです。コーヒーショップやカフェなどの小規模な会場に最適で、スリムで美しいデザインを採用し、シンプルなセットアップでクリアな音質を実現します。L1 Pro8 は、最もポータブルな L1 Pro システムで、車から会場まで一度で運ぶことができます。

・ 8個の2インチネオジウムドライバーを搭載したC字型アーティキュレーテッドラインアレイを備え、180°の水平カバレージとワイドな垂直放射で、小~中規模の会場に最適。着席でもスタンディングでも、会場の隅々までオーディエンスにクリアな音を届けます。

・ ハイエクスカーションレーストラック型ドライバーを備えた7インチ×13インチサブウーファーを内蔵。コンパクトなサイズで従来の12インチウーファーに匹敵するパフォーマンスを実現します。

ミキサー内蔵 ToneMatchポート L1 Mix アプリ

ミキサー内蔵

2つのファンタム電源を備えたコンボジャック(XLR + TRS/TS)、および1/4インチと3.5 mmのAUX入力を備え、Bluetooth®ストリーミングにも対応。自照式コントロールからチャンネルボリューム、トーン EQ、リバーブを調整でき、さらに ToneMatch プリセットとシステム EQ を搭載しています。

ToneMatch ポート

ToneMatch ポートを使用して、Bose T4S/T8S ミキサー(別売)とシームレスに接続可能。スピーカーとミキサーを1本のケーブルでつなぐだけで、ミキサーへの電源供給とデジタルオーディオ接続を実現します。

L1 Mix アプリ

L1 Mix アプリを使ってワイヤレスでコントロール。スマートフォンやタブレットから設定を即座に調整できるほか、会場を歩いて音響を確認しながらの微調整や、ToneMatch ライブラリ内のカスタム EQ プリセットへのアクセスができます。

 

外形寸法: (H × W × D): 200.50 × 31.80 × 44.00 cm
質量: 17.65 kg
付属品: L1 Pro8 中高域用アレイ、エクステンション、パワースタンド | アレイ用キャリーバッグ | AC電源ケーブル

 

迫力とポータビリティのスイートスポット:L1 PRO16

L1 PRO16

 

L1 Pro16 は、迫力とポータビリティを両立し、パワフルな出力と低音域の拡張を実現したバランスのよいシステムです。わずか24.4 kgの重量で、クラブやバーなど、小~中規模の会場での DJ、シンガーソングライター、小グループのパフォーマンスに最適です。車やステージでスペースを取ることなく、よりワイドなレンジでサウンドを届けるポータブルシステムです。

・ 16個の2インチアーティキュレーテッドネオジウムドライバーを搭載したJ字型ラインアレイを備え、180°の水平カバレージ、タイトな上部垂直コントロール、ワイドな下部放射で、中~大型の会場に最適。フロアに設置しても、せり上がったステージに設置しても、会場の隅々までオーディエンスをカバーします。

・ ハイエクスカーションレーストラック型ネオジウムドライバーを備えた10インチ×18インチサブウーファーを内蔵。コンパクトなサイズで従来の15インチウーファーに匹敵するパフォーマンスを実現します。

ミキサー内蔵 ToneMatchポート L1 Mix アプリ

ミキサー内蔵

2つのファンタム電源を備えたコンボジャック(XLR + TRS/TS)、および1/4インチと3.5 mmのAUX入力を備え、Bluetooth®ストリーミングにも対応。自照式コントロールからチャンネルボリューム、トーン EQ、リバーブを調整でき、さらに ToneMatch プリセットとシステム EQ を搭載しています。

ToneMatch ポート

専用の ToneMatch ポートを使用して、Bose T4S または T8S ミキサー(別売)とスピーカーを1本のケーブルでつなぐだけで、ミキサーへの電源供給とデジタルオーディオ接続を実現します。

L1 Mix アプリ

L1 Mix アプリを使ってワイヤレスでコントロール。スマートフォンやタブレットから設定を即座に調整できるほか、会場を歩いて音響を確認しながらの微調整や、ToneMatch ライブラリ内のカスタム EQ プリセットへのアクセスができます。

 

外形寸法: (H × W × D): 201.20 × 35.50 × 45.60 cm
質量: 24.35 kg
付属品: L1 Pro16 中高域用アレイ、エクステンション、パワースタンド | アレイ用キャリーバッグ | AC電源ケーブル

 

L1 シリーズ史上、最高性能:L1 PRO 32

L1 PRO32

 

L1 Pro32 はシリーズ史上最も高性能な L1 ポータブルラインアレイで、重量わずか13.0 kgのポータブル PA の最上位機種です。Sub1/Sub2 モジュラーサブウーファーは、それぞれ重量16.1 kgと23.4 kgと、高い性能を発揮しつつ、パワーとポータビリティを両立しています。L1 Pro32 は、クリアな音質と高い出力を実現します。結婚式、クラブ、フェスティバルといった中~大規模の会場やイベントでの DJ、シンガーソングライター、バンドのパフォーマンスに最適な、パワフルな低音を備えた比類ないポータブル PA システムを提供します。

・ 32個の2インチアーティキュレーテッドネオジウムドライバーを搭載した直線型ラインアレイを備え、180°の水平カバレージに加え、離れた場所でのL1史上最も集約された垂直指向特性と最も高い音圧レベルで、大型の会場に最適。会場の隅々まで、複雑な音のディテールと明瞭さ、一貫性を実現します。

・ 付属のケーブル1本で Bose Sub1/Sub2 パワードベースモジュールとの組み合わせが可能。SubMatch 接続を使用して、電源供給とオーディオ接続が同時に行えます。

・ 2台の Sub1 または Sub2 サブウーファーを同時に使用することで、より豊かな低音を実現。カーディオイドモードで使用すれば、低音を集約して指向性を前方に向けることが可能で、後方へのエネルギー放出を低減し、フィードバックを抑制します。

Sub1
40 Hzまでの低音 / 7インチ×13インチハイエクスカーション / レーストラック型ドライバー

Sub2
37 Hzまでの低音 / 10インチ×18インチハイエクスカーション / レーストラック型ネオジウムドライバー

ミキサー内蔵 ToneMatchポート L1 Mix アプリ

ミキサー内蔵

2つのファンタム電源を備えたコンボジャック(XLR + TRS/TS)、および1/4インチと3.5 mmのAUX入力を備え、Bluetooth®ストリーミングにも対応。自照式コントロールからチャンネルボリューム、トーン EQ、リバーブを調整でき、さらに ToneMatch プリセットとシステム EQ を搭載しています。

ToneMatch ポート

ToneMatch ポートを使用して、Bose T4S/T8S ミキサー(別売)とシームレスに接続可能。スピーカーとミキサーを1本のケーブルでつなぐだけで、ミキサーへの電源供給とスピーカーへのデジタルオーディオ接続を実現します。

L1 Mix アプリ

L1 Mix アプリを使ってワイヤレスでコントロール。スマートフォンやタブレットから設定を即座に調整できるほか、会場を歩いて音響を確認しながらの微調整や、ToneMatch ライブラリ内のカスタム EQ プリセットへのアクセスができます。

 

外形寸法: (H × W × D): 213.50 × 34.50 × 55.00 cm
質量: 13.05 kg
Box 1 の内容: L1 Pro32 中高域用アレイ、パワースタンド | SubMatch ケーブル | アレイおよびパワースタンド用キャリーバッグ | AC電源ケーブル
Box 2 の内容: Sub1/Sub2 パワードベースモジュール | スリップカバー | AC電源ケーブル

 

スリムなサイズで、迫力の重低音:SUB1 & SUB2

BOSE SUB1 & SUB2

 

独自のレーストラック型ドライバーデザインにより、パワフルな低音を実現し、重心も最適化。 ドライバーの独自形状により、音質に妥協することなく、よりスリムなエンクロージャー設計が可能になりました。車やステージ上の場所を取ることもなくなり、家から車へ、車から会場への運搬が格段に容易になります。

Sub1: 楽曲のインパクトを余すことなく伝える
よりポータブル
40 Hzまでの低域レンジ
7インチ×13インチハイエクスカーション
レーストラック型ドライバー

Sub2: ダンスフロアに躍動感をもたらす
よりパワフル
37 Hzまでの低域レンジ
10インチ×18インチハイエクスカーション
レーストラック型ネオジウムドライバー

SubMatch接続 カーディオイドモード あらゆるポータブルPAと組み合わせ可能

SubMatch 接続

1本のケーブルでサブウーファーの電源供給とオーディオ接続を同時に実現する独自の SubMatch 接続により、Bose L1 Pro32 Portable Line Array とシームレスに組み合わせることができます。1台の L1 Pro32 に、最大2台のパワードベースモジュールを接続できます。

カーディオイドモード

2台の Sub1 または Sub2 サブウーファーを同時に使用することで、より豊かな低音を実現。カーディオイドモードで使用すれば、低音を集約して指向性前方に向けることで、後方へのエネルギー放出を低減し、フィードバックを抑制します。

あらゆるポータブル PA と組み合わせ可能

ライン入力/出力と選択可能なクロスオーバーモード、内蔵のポールマウント用スレッドにより、Bose S1 Pro PA などのスピーカーと組み合わせて使用できます。

 

Sub1 の寸法: (H × W × D): 53.00 × 25.00 × 53.00 cm
質量: 15.75 kg
Sub2 寸法: (H × W × D): 69.00 × 30.50 × 55.00 cm
質量: 23.65 kg
付属品: Sub1/Sub2 powered bass module | スリップカバー | AC電源ケーブル

 

各 L1 Pro システムにはミキサーを内蔵しています。あらゆる楽器、マイク、およびその他のソースを簡単に接続できます。ファンタム電源対応のコンボ入力(XLR-1/4インチ)×2、1/4インチおよび1/8インチ(3.5 mm)AUX 入力ジャックを装備しています。自照式ロータリーエンコーダーからも、各チャンネルの音量、トーン、リバーブをすぐに調整できます。さらに、専用の ToneMatch ポートを使用して、楽器や音源を追加することもできます。Bose T4S または T8S ミキサー(別売)とスピーカーを1本のケーブルでつなぐだけで、ミキサーへの電源供給とデジタルオーディオ接続を実現します。 

 

L1 Pro ポータブルラインアレイシステムは、全モデル2021年2月発売予定です。
L1 Pro システムの詳細については、PRO.BOSE.COM/L1 をご覧ください。

【お問い合わせ先】: Bose Professional
03-5114-2750
jp_pro@bose.com
PRO.BOSE.COM

 

お問い合わせContact Us

サイト(本国)
https://pro.bose.com/ja_jp/index.html
この記事に関するお問い合わせ
お問い合わせフォーム
←前のページへ戻る